抗うつ薬を徹底比較

抗うつ薬を徹底比較!

「抗うつ薬」の比較内容について

本ページに記載した鬱病のお薬の比較内容は、成分についての一般的な解釈や説明であり、未承認医薬品の宣伝広告ではありません。

必ずご確認ください

鬱病のお薬にはプロザック(Prozac)やゾロフト(ジェイゾロフト)などの有名医薬品メーカー純正品以外に、安価なインド製のジェネリックが多数発売されています。 インド製ジェネリックは日本では承認されていない未承認医薬品ですが、個人輸入代行を利用すれば通信販売と同じような手順で簡単に注文することができます。
しかしながら、日本では処方薬である成分ですので、お薬について十分な知識が無いまま輸入し服用した場合、命にかかわる重篤な副作用を発症する場合があります。 個人輸入したお薬で生じた薬物被害は、政府の救済対象にはなりません。輸入者ご自身の全責任となりますので十分ご注意ください。

このような怖い文章を書かなければならないのは、値段が安いからと安易に購入して試してみる方が多くいらっしゃるからです。 安くても医薬品ですから効果があれば副作用もございます。必ず、それらを確認してから服用してください。

一般的に健康であれば問題を生じることは稀ですが、持病などでお薬を服用されている場合には注意が必要です。 また、抗うつ剤は精神状態に変化を与えますので、より不安が増したり、自殺願望、離脱症状などを生じる事があります。

不安障害などで悩み抗鬱薬を探しているならば、医療機関を受診し、医師の処方で抗うつ剤を処方してもらってください。 医師は注意事項など正確に教えてくれますので安心して飲むことができます。 この処方薬で満足な鬱症状の改善ができ、今後は安い費用で抗鬱薬を入手したいと考えるならば、個人輸入代行の利用を考えてみてください。 何の知識もないまま、いきなり個人輸入で購入する行為は絶対にお止め下さい。

抗鬱薬の系統

抗鬱薬には 三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSA、5HT1A刺激薬、SARIという種類があります。

 三環系四環系SSRISNRINaSSA5HT1A刺激薬SARI
5HT再取込阻害---
NA再取込阻害---
抗α1
(低血圧)
---
抗α2
(抗鬱・鎮痛)
----
抗コリン
(口渇・便秘・尿閉)
---
抗ヒスタミン
(睡眠・体重増加)
----
5-HT1A刺激
(鎮静)
---
5-HT2A遮断
(睡眠・鎮静)
---
5-HT2C遮断
(鎮静・食欲改善)
-----
5-HT3刺激
(嘔吐)
---×--
D2遮断
(EPS・PR増加)
----×--

うつ病における不眠症状がひどい場合には、うつ病不眠に対して効果が報告されているルネスタ、H1受容体拮抗作用を持つミルタザピン、5HT2Aや5HT2Cを遮断して深睡眠増強作用(鎮静作用)をもつアミトリプチリン等の三環系抗うつ薬、ミアンセリンなどの四環系、トラゾドンが使用されます。

三環系抗うつ薬

シナプス前部のセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを両方とも阻害するが、その他にもシナプス後部のヒスタミンH1受容体、M受容体、α1受容体なども遮断するので副作用が多い。

効果は高いが便秘、口渇などの抗コリン作用が強い。心毒性が高い。そのため他の抗鬱薬で効果のない場合等に用いられる。効果発現はSSRIよりも遅く、約1ヶ月以上はかかる。

クロミプラミンはセロトニンにより働くため、強迫症状や不安によいとされる。意欲低下にはノルアドレナリンに作用するノリトリプチリン、不安が強い場合は鎮静にすぐれたアミトリプチリンが用いられる。

製品名成分名備考
トフラニールイミプラミン 
トリプタノールアミトリプチリン 
アナフラニールクロミプラミン 
アモキサンアモキサピンドーパミンにも作用
ノリトレンノルトリプチリン 
スルモンチールトリミプラミン 
アンプリットロフェプラミン 
プロチアデンドスレピン 

四環系抗うつ薬

抗コリン作用が三環系より弱いため、便秘、口渇は比較的弱いが、眠気が強い。抗うつ作用は三環系より弱い。

製品名成分名備考
テトラミドミアンセリンα2遮断によるNA放出促進。α1遮断→セロトニン拮抗
テシプールセチプチリンα2遮断によるNA放出促進
ルジオミールマプロチリンNA再取込阻害作用。パニック障害には効果なし

SSRI系抗うつ薬

セロトニンの神経終末への再取り込みを阻害する。Selective Serotonin Reuptake Inhibitorsの略でReuptake(再取り込み)であり、Receptor(受容体)でないことに注意する。

シナプス間隙のセロトニンが増加すると5HT1Aと5HT1B/1Dのオートレセプターを介したネガティブ・フィードバックが働くが、反復投与による脱感作で抑制が外れると効果が発現する。

5HT1A刺激は抗不安作用、抗うつ作用を示すが、5HT2刺激は逆に不安、不眠を起こすのと5HT3刺激は悪心と消化器障害を起こすため、服用1wは自殺リスクと悪心リスクに気をつける。

抗鬱薬を反復投与すると5HT受容体とβ受容体の数が減少するが、SSRIはここには関与しない可能性あり。

抗鬱効果を発揮するためにはシナプス後膜の5HT1A受容体の活性化が重要。実際の作用は5HT1Aによるものと言って良い。

パニック障害にも適応する(但しパキシルは効かない)
パニック障害はNAの分泌が高いと発症します(α2遮断は高める)。また5HTの分泌が高いと起こります(5HT1と5HT2は高める)。NA神経のアップダウンが激しい状態です。
SSRI再取り込み阻害剤の投与初期は一過性にパニック障害が増悪するが、投与を続けると治療効果が出てきますが、その後のダウンレギュレーションによる治療効果であり、受容体自体は低感受性です。
5HT受容体刺激薬はパニック障害を誘発するが、SSRIなど阻害薬は治療薬として働くことからダウンレギュレーションの関与があります。
パニック発作の発症機構にNA機構が直接関与するものは、α2遮断誘発によるNA神経過敏の発作と5HTの脆弱性が基底にあって、NA機構を十分にコントロール(5HTがGABAを通じてNA神経を抑制しているが、一方NAは5HTの細胞体のα1を刺激してセロトニンの発火を導く。)できないのでパニック発作を生じるものがある。

製品名成分名備考
ジェイゾロフトセルトラリン薬物相互作用少なく、抗コリン作用少ない。下痢、性機能障害の副作用。有効性・安全性バランスがよい。
パキシルパロキセチン効果早いが、抗コリン作用強い。薬物相互作用多い。パニック障害には効果なし
デプロメール
ルボックス
フルボキサミン用量調節がし易い。薬物相互作用が多い。シグマ1アゴニストとして認知機能改善効果
レクサプロエスシタプラム用量調整の必要が必要ないことがメリットでありデメリット。相互作用少ない。有効性・安全性バランスが良い。QT延長→心疾患患者に注意

SNRI系抗うつ薬

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬。セロトニンとNE両方のトランスポーターに結合し、神経終末への再取り込みを阻害する。

サインバルタはこの系統に属するが、SNRIで唯一糖尿病性神経障害による疼痛への適応を持っているため、神経痛で使うこともしばしばある。もちろんトレドミンを適応外として使用する場合もある。いずれにしてもセロトニンの下行性抑制を賦活させる。

製品名成分名備考
トレドミンミルナシプラン相互作用無く使いやすい。尿閉の患者に禁忌
サインバルタデュロキセチン疼痛改善作用、肝・腎傷害患者に禁忌
イフェクサーベンラファキシン 

DNRI系抗うつ薬

ドパミン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(DNRI)にはブプロピオンがあり、これは、ノルアドレナリンおよびドパミンの再取り込みを阻害する新しい機序の薬で、脳内ドパミンを増加させ意欲を賦活させるという。

5-HTA刺激薬系抗うつ薬

脳内セロトニン受容体のサブタイプの1つである5‐HT1A受容体に選択的に作用することにより、抗不安作用や心身症モデルにおける改善効果を示す。

製品名成分名備考
セディールタンドスピロン 

NaSSA(ナッサ)系抗うつ薬

ミルタザピンは四環系構造を持つノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬で、NA、5−HT、DAの再取り込みに対する阻害作用は持たない。

ミルタザピンの効果は、シナプス前α2受容体を阻害することにより神経終末からのNA放出を増大させる。

また、5HT2A/2C受容体および5HT3受容体に対する強力なアンタゴニストとして作用し、セロトニンの放出増大に伴い、間接的に5HT1受容体へのアゴニストとして作用し、不安やうつ症状に対する効果が発現する。これにより5-HT3が原因で起こる嘔気の副作用が少ない。投与初期は眠気と食欲増進作用あり。

また、強いH1受容体拮抗薬でもあり、これが総睡眠時間延長に働く。さらに、5HT2A遮断作用が入眠潜時の短縮・睡眠効率の改善に働く。抗ヒスタミン作用による体重増加は副作用の一つ。

α1遮断作用が弱いので、NAがセロトニン細胞体上のα1受容体を介してセロトニンの発火促進を導くことができる。

NAと5HT神経の間の、GABA神経の5HT2受容体を遮断して、NA神経の抑制の抑制(活性化)による機序。シナプス前α2自己及びヘテロ受容体を遮断して脳内のNA、5HTの分泌を促進する。

5HT2A/2C及びα2受容体遮断作用等によるDA遊離の促進作用があり、これらが抗鬱、抗不安作用を発現する。

MAOI系抗うつ薬

海外では、モノアミン酸化酵素A阻害薬としてはフェニルジン、トラニルシプラミン、イソカルボクサジドが、また可逆的モノアミン酸化酵素阻害薬として、モクロベミド、ブロファロミン、パルギニンが、モノアミン酸化酵素B阻害薬としてはラサギリンがある。日本ではMAOB阻害薬ではるセレギニンが出ていてドパミン濃度上昇に伴う効果を発揮している。

SARI系抗うつ薬(SARI)

トラゾドンは5HT2A受容体拮抗・再取り込み阻害薬(SARI)といわれ、他の抗うつ薬と作用が別とする。 抗コリン作用少ない。鎮静作用強い。抗うつ作用は三環系より弱い。

製品名成分名備考
デジレルトラゾドン 
レスリントラゾドン 

正規品とジェネリックの比較

純正品とジェネリックの違いは何か? 基本的に成分は同じですので、効果も同等です。
しかし、成分以外の部分には大きな違いがあります。
食事に例えるなら、醤油やマヨネーズは主成分は同じですが、メーカーが違うと味も違いますよね?
「お好み焼き」なら小麦粉が変われば、味や食感が変わります。 これと同じように、主成分は同じでも、つなぎに使われる成分や製法が違うと、若干の違いが出るのです。
多くの場合、錠剤を覆っているハードコーティングに違いがあります。錠剤をハードコーティングする理由は、飲むときに口内で苦みを感じないようにするためです。口に入れたときに唾液で溶けてしまうと苦いので、ある程度は溶けないようにコーティングしています。 このコーティングに違いがあるので、胃で溶けだすまでの時間が異なります。 この差は即効性を左右する大きな違いです。さらにコーティング内の錠剤が簡単に早く溶けるのか、ゆっくり溶けるのかも製法で変わってきますので、効果の発現に大きく左右します。
このように、純正品とジェネリックには多少の違いがありますので、純正品と比較して賢く利用するのがお勧めです。

尚、個人輸入では一般的に下記のような扱いとなります。
ジェネリック:インド製の製品で、成分は同じだが製法が異なる商品。インドの特許法の違いにより特許期間中でも生産できる。
後発医薬品:特許期限が切れた製品を他社が生産する商品。基本的に先発品と同じであり医師が処方する製品である。

抗うつ薬の使い分け

抗うつ薬 の使い分けについて、現役の医師(大学病院長)と、開業医とのやり取りの記録がありますので、参考にご覧になってください。

開業医:先生、抗うつ薬はたくさん出てきておりますが、どの薬を使ったらいいのか、非常に迷うところでもあります。これは発売された順に使うというものでもないでしょうから、おのおの特徴があるかと思いますので、まず先生のお考えをお聞きしたいのですが。

大学病院長:非常にもっともな質問だと思いますが、この中ではSSRIとSNRIは臨床的に使ってもあまり区別がないのかなという感じです。ただ、NASSAとドグマチールは少し意味合いが違うのだろうと思います。
それから、質問の中にないのですけれども、三環系抗うつ薬という古いタイプの薬がありますが、これはもちろんまだ使われていますし、いいところもあります。役に立つ薬ですけれども、副作用が多いから、ちょっと一般医といいますか、プライマリーケアで使う薬ではないので、ちょっと省いて考えることにします。SSRIとSNRIのことについてちょっとお話しすると、SSRIというのはセロトニンだけを増強するという薬で、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方を強化する薬ということになるのです。
昔から、一つの仮説なのですけれども、うつ病には活動性がなくなってしまうタイプのうつ病と、気分が落ち込むタイプのうつ病があって、前者の活動が減るタイプはノルアドレナリンを強めるような薬がよく効くのだと。気分が落ち込むタイプはセロトニンを強めるような薬が効くのだという仮説が非常に古くからいわれているのです。ところが、これはエビデンスで証明されていないというか、いろいろな解析をしてみても、そういうことはあまり言えないということがだんだんわかってきたし、多くのメタ解析でもそういう結果が出ています。実際に使ってみても、SSRIとSNRIの使い分けはそんなにできるものではない。
有効率という面からいってもほとんど同じで、多少SNRIのほうがいいということを言う人もいますけれども、臨床の現場ではそんなに差があるものではない。SSRIとSNRI、どちらで始めても基本的には同じだろう。むしろ大事なのは使い方であって、SSRIにしても、SNRIにしても、1剤だけで使う。いろいろな薬を混ぜて使うという多剤併用ということをやらない。一つの薬に絞って使うということが大事である。どちらかの薬が効かなければ、次の薬に変える。そういうやり方がいいのだろうと思います。

開業医:少量から使い始めて、増やしていってということですが、何カ月ぐらいまでが効果判定のメドでしょうか。

大学病院長:ある程度少量から使って、中途半端に少ない量を使っても効果がありませんので、ある程度有効量まで使う。4〜5週間ぐらいは、効果が出るまで少し見る。ある程度頑張りながら見るということでしょうね。近はもっと早い時期に有効かどうかの判断を行うべ きという考えもあるようですが、私は個人的にはそんな感じだろうと思います。

開業医:効いている場合はいいのですが、効かないというときに、次の先ほどありましたNASSAですか。

大学病院長:必ずしもそうも言えないのです。抗うつ薬の有効率は、どの薬も40〜50%、せいぜい60%ぐらいですから、有効率からいったらどの薬も差がないのです。SSRIがだめだったら、SNRIに変えていって、また次のSSRIに変えるとか、そういうかたちで変えていくということかなと思います。
NASSAという薬は、私は実は非常に好きなのですが、特徴がある薬で、ノルアドレナリンとセロトニンを増やすと同時に、抗ヒスタミン作用がうまい具合にあるのです。そのために鎮静する作用が強くて、焦燥感とかイライラ感が強い方に出すと、非常に鎮静的で、穏やかにさせる作用があるのです。SSRIとかSNRIにはそういう作用はありません。基本的には持ち上げる薬なんです。鎮静を要する病状の方にはNASSAをいきなり使うべき。「べき」というとちょっと強すぎますけれども、第一選択かなという感じはします。ですからNASSAは他の薬が効かないから最後に使う薬ということでは必ずしもないんです。

開業医:その方の不安状態みたいなものに注目するというか。

大学病院長:そのとおりです。鎮静が必要かどうか。あるいは、鎮静はいらなくて、持ち上げるというのが必要、意欲を出せと、ちょっと尻をたたく的な治療が薬物療法的に必要だとなれば、SSRIとかSNRIのほうがいいのではないですか。

開業医:今3つの薬剤が挙げられていますが、これでもなかなか効かないようなケースですね。

大学病院長:そうすると、ちょっと特殊で、例えば抗うつ薬以外の薬で、気分調整薬、感情調整薬といわれる、例えばリチウムだとか、あるいはバルプロ酸とか、最近いわれるのは、いわゆる非定型抗精神病薬、ジプレキサとか、そういうものを使う。抗うつ薬と一緒に使う。ただ、それは多剤併用でやたらにたくさん使うという意味ではなくて、抗うつ薬と併せて2剤ぐらいまで使うやり方がいいというデータが出ています。ただ、こうなるとちょっと特殊な使い方であって専門医の仕事です。

開業医:ご専門の先生のところから来る患者さんの中には、非常に多種類の向精神薬が使われている例も見られますが。

大学病院長:これは非常によくないと言えます。多種類の薬を使えば、それだけ有効率が高まるというエビデンスは全くありません。逆に副作用は確実に増えます。データに裏づけられていませんし、多剤併用しても全くいいところはない。

ある程度ゆっくりと、ということが必要ですね。ただ、効果が出る方は初期から多少いい感じがわかる、見えるということを、経験のある精神科医で言っている人はいます。この人に効くか、効かないかわかる。ごく初期で病状の変化が少し見えるということではないですか。

製品各種

【病気】→【精神機能】→【抗うつ薬】注文
Fluvoxinフルボキシン(ルボックスのジェネリック)50mg 1箱(100錠)[RGT便]F-799
9,800円〜
Aurorixオーロリクス150mg 1箱(30錠)[RGT便]C-124
2,800円〜
Aurorixオーロリクス300mg 1箱(30錠)[RGT便]A-069
3,200円〜
ブリンテリックス5mg(Brintellix5mg[大うつ病の治療薬]) 1箱(28錠)[RGT便]BR-001
5,100円〜
ブリンテリックス10mg(Brintellix10mg[大うつ病の治療薬]) 1箱(28錠)[RGT便]BR-003
5,600円〜
ブリンテリックス20mg(Brintellix20mg[大うつ病の治療薬]) 1箱(28錠)[RGT便]BR-005
6,000円〜
バスピン5(BUSPIN-5)抗不安剤(バスパーのジェネリック) 1箱(200錠)[RGT便]B-044
4,400円〜
バスポン5mg(Buspon5mg)抗不安剤(バスパーのジェネリック) 1箱(50カプセル)[RGT便]B-350
3,400円〜
イフェクサーXR(EFEXOR-XR)75mg(SNRI抗鬱剤) 1箱(28カプセル)[RGT便]S-501
5,300円〜
イフェクサーXR(EFEXOR-XR)150mg(SNRI抗鬱剤) 1箱(28カプセル)[RGT便]S-503
6,300円〜
Prozacプロザック20mg(SSRI抗鬱剤[フランス製]錠剤) 1箱(28錠)[RGT便]P-530
5,200円〜
Prozacプロザック20mg(SSRI抗鬱剤[トルコ製]) 1箱(24カプセル)[RGT便]P-282
3,300円〜
Prozacプロザック20mg(SSRI抗鬱剤[ポルトガル製]) 1箱(56カプセル)[RGT便]P-280
6,000円〜
Oxetineオキセチン20mg(プロザックのジェネリック) 1箱(100カプセル)[RGT便]E-222
4,300円〜
Flunilフルニール10mg(プロザックのジェネリック) 1箱(100カプセル)[RGT便]F-334
3,900円〜
Zedprexゼドプレックス20mg(プロザックのジェネリック) 1箱(24カプセル)[RGT便]P-306
2,800円〜
Zoloftゾロフト50mg(SSRI抗鬱剤) 1箱(30錠)[RGT便]Z-086
3,300円〜
Zoloftゾロフト100mg(SSRI抗鬱剤) 1箱(30錠)[RGT便]Z-076
3,500円〜
Serliftサーリフト100mg(ゾロフトのジェネリック) 30錠[RGT便]E-333
4,200円〜
Sertaセルタ50mg(ゾロフトのジェネリック) 1箱(100錠)[RGT便]S-548
6,300円〜
Sertaセルタ100mg(ゾロフトのジェネリック) 1箱(150錠)[RGT便]S-549
7,800円〜
Sertimaセルティマ50mg(ゾロフトのジェネリック) 1箱(100錠)[RGT便]S-490
5,800円〜
Sertimaセルティマ100mg(ゾロフトのジェネリック) 30錠[RGT便]SM-130
3,900円〜
Lustralルストラル50mg(トルコ市場向けゾロフトの別名販売商品[ファイザー純正]) 1箱(28錠)[RGT便]L-441
2,900円〜
LustralSpecialルストラルスペシャル100mg(トルコ市場向けゾロフトの別名販売商品[ファイザー純正]) 1箱(28錠)[RGT便]L-444
3,300円〜
Selectraセレクトラ50mg(SSRI抗うつ薬ゾロフトのジェネリック) 1箱(28カプセル)[RGT便]S-517
2,800円〜
Cymbaltaシンバルタ30mg(SNRI抗鬱薬) 1箱(28カプセル)[RGT便]C-241
4,400円〜
レデプラ15mg(Redepra15mg[ミルタザピンのレメロンジェネリック]四環系抗うつ薬) 1箱(28錠)[RGT便]R-118
3,600円〜
Duzelaデュゼラ60mg(SNRI抗鬱薬シンバルタのジェネリック) 1箱(50カプセル)[RGT便]E-208
4,400円〜
Stablonスタブロン12.5mg(SSRE抗鬱薬) 1箱(60錠)[RGT便]K-238
5,300円〜
ページ先頭へ戻る