ジルテック-Rを業界最安値でお届けします

ジルテック-Rは花粉症の治療薬です。花粉症からくる鼻水、鼻づまり、くしゃみや、目や喉のかゆみに効果があります。 その他アレルギー性鼻炎や、蕁麻疹、皮膚炎など皮膚科系の病気にも使われます。 速効性があり、持続時間も24時間と長いため、飲んですぐ効き、効果は1日続くため、1日1回の服用なのが特徴です。
Zyrtecは日本語の発音でジルテック、ジルティックと読まれており、スペル間違いとして Zirtec や Gyrtec, Zyrtick などが挙げられます。

ジルテック-Rについて

★[RGT便]の配達期間は6〜12日間程度です。
★[EMS便]の配達期間は5〜10日間程度です。
品番品名価格注文
10858ジルテック-R(Zyrtec-R) 1箱(10錠10日分)[RGT便]3,900円
10859ジルテック-R(Zyrtec-R) 2箱(20錠20日分)[RGT便]6,200円
10860ジルテック-R(Zyrtec-R) 3箱(30錠1ヶ月分)[RGT便]8,200円
20858Cetcipセトシップ(ジルテックと同成分)10mg 50錠[RGT便]CE-0103,800円
20859Cetcipセトシップ(ジルテックと同成分)10mg 100錠[RGT便]CE-0115,800円
20860Cetcipセトシップ(ジルテックと同成分)10mg 500錠[RGT便]CE-01213,000円
10869Cetzineセツジン(ジルテックと同成分) 1箱(100錠)[RGT便]3,800円
10870Hitrizinヒトリジン10mg(ジルテックと同成分) 1箱(20錠)[RGT便]2,400円
10871Hitrizinヒトリジン10mg(ジルテックと同成分) 2箱(40錠)[RGT便]3,600円

商品概要

ジルテックは、1998年に販売されており、日本での販売元は第一三共株式会社になります。ジルテックの成分は、「セチリジン塩酸塩」で「第2世代の抗ヒスタミン薬」とよばれるタイプのアレルギー症状を抑える医薬品に分類されます。 通常、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症の治療に用いられます。

第二世代抗ヒスタミン薬(だいにせだいこうヒスタミンやく)とは、抗ヒスタミン薬のうち、1983年以降に発売されたもので、それ以前から用いられていたジフェンヒドラミン(商品名レスタミン、ベナ、ドリエル)やクロルフェニラミン(商品名ポララミン)などの第一世代抗ヒスタミン薬と比較して、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用などの副作用の少ないものを言います。

第二世代抗ヒスタミン薬は、塩基性抗アレルギー薬、抗ヒスタミン作用を有する抗アレルギー薬、第二世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬などと呼ばれることもあります。 医療用医薬品として用いられる第2世代抗ヒスタミン薬は、すべて処方箋医薬品です。 薬効分類では、多くは「その他のアレルギー用薬」、一部の薬剤は、「抗ヒスタミン剤」に分類されています。

「抗ヒスタミン剤」に分類される第二世代抗ヒスタミン薬として市販されている銘柄には、お馴染みの下記製品があります。
・パブロンAG錠(大正製薬)
・アルガード鼻炎内服薬Z(ロート製薬)
・コンタック600ファースト(グラクソ・スミスクライン)
・スカイナーAL錠(エーザイ)
・アレグラFX(久光製薬)
・ジキナ鼻炎錠FX(富士薬品)
・クラリチンEX(大正製薬)
・ストナリニ・ガード(サトウ製薬)など

ジルテック-R(Zyrtec-R)の最大の特徴は、速効性と持続性です。水溶性に優れているため、比較的早く体内に吸収され効果が得られます。また、効果の継続時間が36時間と長いため服用は1日1回で済みます。

ジルテックには効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。そのために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

ザイザルは、2010年より販売されており、販売元はグラクソ・スミスクライン株式会社になります。ザイザルの成分は、「レボセチリジン塩酸塩」になります。ジルテックの成分であるセチリジン塩酸塩と名称がよく似てます。 というのも、レボセチリジンは、セチリジンと同じ物質であり、「光学異性体(※1)」とよばれるものだからです。
※1:光学異性体・・・光学異性体とは、成分の組成は同じで、鏡像関係にある対照的な立体構造をもつ化合物のことをいいます。簡単にいうと、組成は同じだけれど、立体構造が違うものと考えて下さい。

セチリジンには、鏡像関係にある「R体」と「S体」とよばれる2つの物質が存在しています。実際に作用を示すのはR体であり、「R体」だけのほうが、作用が持続したり、眠気の作用を起こしづらいなどの性質があります。そこで、「R体」だけの物質をとりだしたお薬が、ザイザルの成分であるレボセチリジン塩酸塩になのです。

なお、第一世代抗ヒスタミン薬にはポララミン、第二世代ヒスタミン薬にはクラリチンアレグラがあります。

未承認医薬品の商品概要を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

効果・効能

ジルテック-Rは主成分がセチリジン塩酸塩(Cetirizine hydrochloride)で、ヒスタミンH1受容体拮抗作用によりアレルギー症状の原因となる体内物質(ヒスタミン)の作用を抑えることで、アレルギー症状の緩和に効果があります。 具体的には、ヒスタミン受容体をブロックすることによって作用を示します。 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状などにも効果が期待できます。

ジルテックは抗ヒスタミン薬の中でも、第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬で、従来の抗ヒスタミン薬で多くあった副作用である、口の乾きや排尿障害、又、眠気症状などが少なく改善されています。

このグラフは成人におけるジルテック(セチリジン塩酸塩)錠を単回投与した臨床試験時の血液中濃度の時間推移を示したものです。 健康な成人にセチリジン塩酸塩錠10mgを単回経口投与した場合、速やかに吸収され、投与約1.4時間後に最高血中濃度(Cmax)214.5ng/mLに達し、血中濃度消失半減期は約7時間であった。 また、20mgを単回経口投与した場合、投与量の増加に伴ってCmaxの上昇が認められました。 健康成人に1日1回20mgを7日間連続経口投与した場合でも、体内への蓄積性は認められませんでした。

健康成人にジルテック(セチリジン塩酸塩)10mg又は20mgを単回経口投与した場合、24時間後までに投与量の約50%が未変化体として尿中に排泄された。 健康成人に1日1回20mgを7日間連続経口投与した場合、血中に酸化的脱アルキル体がわずかに認められた。 また、未変化体の1日投与量に対する尿中排泄率は、1日目は24時間後までに約58%、7日目は約70%であった。

ジルテックのポイントは大きく2つあります。
@効果が持続する
A副作用である眠気が出にくい
R体は、S体と比べて、ヒスタミン受容体をブロックする作用が強く、又、ブロックし続ける時間が長いとされています。実際に効果を示しているのはR体ともいわれています。 そのため、S体とR体で構成されるジルテックは、1日1回の服用で24時間、効果がしっかり持続するのです。

未承認医薬品の効果・効能を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

成分

セチリジン塩酸塩(Cetirizine Hydrochloride)
化学式:C21H25ClN2O3
分子量:461.82 mol/g
半減期:8.3 時間
代謝:肝臓(CYP3A4)
排泄:尿
CAS登録番号:83881-51-0

別名として下記の記述が確認されている。 Alatrol, Alzene, Cetirizina MERCK, Cetzine Glaxo, Cetirizin, Humex, Letizen, Razene, Reactine, Zyrtec, Zirtec, Zodac, Zirtek, Zynor, Zyrlek

未承認医薬品の成分を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

製造元

メダ ファーマ(Meda Pharma)
Meda Pharmaはスウェーデンのソルナに本社を置く製薬会社で、2013年10月に設立、2014年には従業員5千人以上の大企業として発展してきました。
現在は、2016年にマイラン(MyLan)に買収され、子会社として活躍しています。

親会社のマイランはアメリカ合衆国のペンシルベニア州に本拠を置く製薬会社です。主な事業分野は後発医薬品(ジェネリック医薬品)であり、2007年にはドイツの医薬・化学メーカー、メルク(独: Merck KGaA)からジェネリック医薬品部門を買収して事業を拡大しています。
日本法人として、2008年(平成20年)に設立されたマイラン製薬株式会社(東京都港区)、2015年から事業を開始したマイランEPD合同会社(東京都港区)がある。

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

飲み方

・通常、成人は1回1錠(主成分として10mg)を1日1回就寝前に服用します。年齢・症状により適宜増減されますが、1日最高服用量は2錠(20mg)です。必ず指示された服用方法に従ってください。
・飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は1回とばして、次の時間に1回分飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
・誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
・医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

未承認医薬品の服用方法を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。
尚、医薬品の過剰摂取(オーバードーズ)は非常に危険ですので、用量・用法を必ずお守りください。

副作用

重大な副作用として添付文書に記載されているものは、ショック、アナフィラキシー様症状、痙攣、肝機能障害、黄疸、血小板減少。

軽微な副作用として眠気、倦怠感、口渇、嘔気、浮動性めまい、頭痛、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
・呼吸困難、血圧低下、蕁麻疹[ショック、アナフィラキシー]
・けいれんが起こる[痙攣]
・全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]
・鼻血、歯ぐきの出血、皮下出血[血小板減少]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

未承認医薬品の副作用を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

注意事項

眠気を催すことがあるので、自動車の運転や重機の操作など危険を伴う機械の操作は避けてください。
飲酒によって眠気、倦怠感などが強くなる可能性があるので、注意してください。

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。 薬が残った場合、翌年まで保管せずに廃棄してください。

有効成分・添加剤に対してアレルギーがある方は、使用禁忌となっています。本剤もしくは含有成分でアレルギー反応を起こした経験がある方は、ご使用をお控えください。

その他

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。腎障害、肝障害がある、てんかんなどの痙攣性疾患またはこれらの疾患の既往症がある。
妊娠または授乳中
他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

ヒドロキシジンの代謝産物の一つであり、ヒドロキシジンと異なり血液脳関門を通過しないとされているが、ジストニア反応(筋緊張異常反応)や鎮静効果が認められている。

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

くちこみ体験談

口コミ情報募集中!