ダポキセチンを徹底分析

ダポキセチン(Dapoxetine)は早漏治療薬の「プリリジー」の主成分です。 薬剤としてはSSRIに分類されています。SSRIはうつ症状やうつ病、気分障害などの改善に使用される抗うつ剤です。 ダポキセチンはSSRIで内服治療している患者の中で射精時間の延長、遅漏を訴えることが多かったため早漏改善効果があるとわかり、早漏予防の薬として開発されました。 他のSSRIと違いダポキセチンは早漏症に適応がある薬剤で他のSSRIはさほど射精時間を延長しません。 ダポキセチンは他のSSRIと比較し特異的に早漏に効果があることがわかっていて多剤と比べ圧倒的な射精時間の延長効果が知られております。

脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンは快感を増幅する作用を持つドパミンや緊張、不安といったストレスに反応するノルアドレナリンの働きを抑制し興奮や不安といった気持ちのバランスをとる作用があるとされています。 射精はノルアドレナリンにより調節されています。 ノルアドレナリンが増加し射精に至ります。セロトニンは神経細胞からの情報を受けて自律神経の働きやホルモンの内分泌を調節している視床下部においてはノルアドレナリンの分泌を抑制し、交感神経の亢進を抑える作用があるとされています。

早漏症の方はセロトニンが不足していることが知られており、そのためにアドレナリンの分泌が過剰となっています。 ダポキセチンの服用はセロトニンが神経終末(シナプス)から再取り込み(再吸収)されることを阻害することで脳内のセロトニンの濃度を高めセロトニンの増加はノルアドレナリンの過剰な分泌の抑制を促進し、交感神経の亢進を抑えます。 この作用によって性的に敏感になり過ぎている脳にブレーキがかかることから、交感神経から射精中枢へと興奮が伝わるのが抑制され、射精時間が延長されると考えられています。

最高血中濃度が服用後1時間でピークに達し速やかに排泄されます(半減期1.2時間)。 服用後5時間程度効果を発揮します。薬の半減期が短くきれがよいためダポキセチンは副作用が少ないことが知られており安全性が高いことが知られております。またダポキセチンは早漏症に選択的に効果を示すことも知られております。 ダポキセチンを服用することで射精時間を延長しパートナーとの関係性も良好になることが知られています。

ダポキセチンについて

本ページに記載したダポキセチンについての内容は、成分についての一般的な解釈や説明であり、未承認医薬品の宣伝広告ではありません。

ダポキセチンとは

ダポキセチン(Dapoxetine)は、早漏治療薬として知られている「プリリジー」の主成分です。 薬剤としては選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類されており、うつ病、うつ状態、気分障害、強迫性障害、社交不安障害などの改善に使用される抗うつ剤の一種です。
ダポキセチンをSSRIとして内服治療している患者の中で、「射精時間が延長した」とか「遅漏」を訴える「くちこみ情報」が多いことから早漏改善効果があるとわかり、早漏予防の薬としてプリリジーが開発されました。 ダポキセチンは射精時間を延ばす早漏症に適応がある薬剤ですが、他のSSRI(フルボキサミンなど)は、さほど射精時間を延長しないことも知られています。 ダポキセチンは他のSSRIと比較し、驚異的に早漏に効果があるされ、圧倒的な射精時間の延長効果が知られています。

ダポキセチンは鬱病の薬の一種(SSRI)であり、抗うつ剤としての副作用として早漏を防止する効果が認められた成分です。 しかし、本来の目的である早漏防止効果以外の部分にも注意して飲む必要があります。

早漏とは?

早漏(そうろう)とは、性交時の射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなることをいい、反対の対義語は遅漏(ちろう)と呼ばれている。
早漏と云うと、「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」とか、「1分または3分以内」などと具体的に具体的に言われることがあるが、時間で早漏を区別する事はない。

早漏の定義は、性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことである。 英語でPE(Premature Ejaculation)といい、女性から見て「自分が満足する前に彼が射精してしまう」状態を指します。
また、性機能障害の内、30%は早漏を訴えているとも言われています。 また、アルフレッド・キンゼイの報告によれば、女性の75%は「2分以内に射精された事がある」と報告しており、時として男性の性生活の充足感が低下するため、医師による治療が求められる場合もあるそうです。

早漏は、ほとんどの場合、男性の身体機能には問題がなく、心因性のものといわれています。 性行為の際に女性のほうが性的満足を得るのが遅いため、男性側が自然に任せて射精した場合は、女性が満足する前に射精することになり早漏と呼ばれることになります。
また、性行為に不慣れな場合は、男性側が自分の性欲をうまくコントロールできないため、早漏になりやすい傾向にあります。 更に、若い男性は、性欲が強く自分を制御できないため、射精が早い傾向が強いため、若い女性が中年の男性を好む理由のひとつになっているとも言われています。
早漏は、これらが原因であれば、特に心身には問題がないが、女性との関係に亀裂を生じる場合があるため、男性の性的悩みの一つとされています。
心因性ではない場合、包茎による刺激への過敏、慢性尿道炎、前立腺の慢性的な炎症など器質的な疾患により早漏になっている場合もあります。

ダポキセチンの作用機序

脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンは快感を増幅する作用を持つドーパミンや、緊張・不安といったストレスに反応するノルアドレナリンの働きを抑制し、興奮や不安といった気持ちのバランスをとる作用があるとされています。 射精はノルアドレナリンにより調節されていることが判明しており、ノルアドレナリンが増加することで射精に至ります。 セロトニンは神経細胞からの情報を受けて自律神経の働きやホルモンの内分泌を調節している視床下部においては、ノルアドレナリンの分泌を抑制し、交感神経の亢進を抑える作用があるとされています。

早漏症の方はセロトニンが不足していることが知られており、そのためにアドレナリンの分泌が過剰となっています。 ダポキセチンの服用はセロトニンが神経終末(シナプス)から再取り込み(再吸収)されることを阻害することで、脳内のセロトニンの濃度を高め、セロトニンの増加はノルアドレナリンの過剰な分泌の抑制を促進し、交感神経の亢進を抑えます。
この作用によって性的に敏感になり過ぎている脳にブレーキがかかることから、交感神経から射精中枢へと興奮が伝わるのが抑制され、射精時間が延長される仕組みです。

最高血中濃度が服用後1時間でピークに達し速やかに排泄されます(半減期1.2時間)。 服用後最大5時間程度効果を発揮します。 薬の半減期が短くきれがよいためダポキセチンは副作用が少ないことが知られており安全性が高いことが知られています。 またダポキセチンは早漏症に選択的に効果を示すことも知られております。ダポキセチンを服用することで射精時間を延長しパートナーとの関係性も良好になると「くちこみ体験談」で評価されています。

ダポキセチンの効果とED治療薬(バイアグラやレビトラ)の効果が持続する時間が類似しているため、最近ではED治療薬にダポキセチンを混合したハイブリッドタイプが数多く商品化されて発売されています。 早漏防止効果のあるダポキセチン配合のED治療薬を探す場合は、商品名が「スーパー」で始まるものを見つけるのが良いでしょう。

ダポキセチンの早漏防止効果

ダポキセチンを飲むと、射精を通常の3〜4倍くらい遅らせることができると臨床実験で立証済みです。 更に、本人を含め、パートナー(女性)の満足度をが高まったとの報告も得られています。

アメリカで12週に及んで実施された臨床試験では、ダポキセチン30mgを内服したグループで、性交の際に平均2分47秒、60mg内服したグループで平均3分17秒も射精を遅延させることができたと報告され、飲む用量が大きいほど高い作用が出ることが認められています。 また、2600人以上を対象とした臨床試験では、ダポキセチンが射精のコントロールに有用であった人の割合が30mgで52%、60mgで58%、パートナーの満足度が2倍以上(60mg服用時)という実績の報告があります。

ダポキセチン以外の他のSSRIも射精を遅延させるものがあり、パキシル20mgでは挿入から射精までの時間が平均24秒だった人たちが34秒〜90秒に延びたことも報告に挙がっています。 但しSSRIの中でも驚異的に高い作用が発揮されることで知られているダポキセチンほどの効果は得られず、早漏予防にはダポキセチンが一番効果があるようです。

成分

ダポキセチンの分子構造

主成分:ダポキセチン(Dapoxetine)
化学式:C21H23NO
分子量:305.413 g/mol
半減期:1.2 時間
代謝:CYP3A4 (肝臓)
排泄:糞便(60%)、尿(30%)
CAS登録番号:---

ダポキセチンの副作用と注意事項

ダポキセチンはSSRIとして比較的安全な薬で有名ですが、副作用として 頭痛・めまい・下痢・嘔吐・睡眠障害・倦怠感・かすみ目・のどの痛み・口渇・蕁麻疹などが報告されており、その他、起立性低血圧を招くことがあります。

また、以下の方はダポキセチンの内服はできません。
・20歳未満、65歳以上の男性
・心不全や不整脈、冠動脈硬化疾患など心疾患の方
・中等度〜高度の肝障害の方
・高度腎障害の方
・てんかんの方
・緑内障の方
・出血性疾患や凝固異常の既往歴の方
・うつ病、躁病、双極性障害、統合失調症の方
・抗HIV薬や抗真菌薬を服用している方

ダポキセチンの個人輸入について

男性の三大悩みは、「ED、早漏、ハゲ」と言われています。男性にとって、同一性への脅威であると共に、専門医に対しても相談しにくい症状であるため、インターネット上の通信販売等においては、常に一定量の需要があり、当店のように、それを相手とした市場も存在します。 その一方で、迷惑メール等の宣伝行為を行う前出の個人輸入代行による業者も多く、これら業者の活動が、一般のインターネット利用者からは問題視される事態も発生しています。
特に迷惑メールでは、無差別に送信される事もあり、また用途(性行為に関する不具合を改善する治療薬)に絡んで、本来これらの情報に触れるべきではないと考えられている児童等に対しても同種の広告が届く事もあるため、現代におけるネット上の社会問題となっています。 一方、同薬の効能が世間に広く知られるにつれ、偽物の薬品を高値で売りつける業者もあるとされ、こちらも問題となっています。 また、効果だけを前面に押し出し、副作用や注意事項などを無視して売りさばく悪徳業者もあり、購入する側で注意する必要があります。

個人輸入代行業者を見ると、多くの業者がED治療薬に配合された製品を販売していますが、単体のプリリジーも取り扱う場合もあります。 勃起障害のない健康な成人男性であれば、副作用が心配なED治療薬の成分は配合していないタイプを選びましょう。

税関の調べによると、個人輸入される正規品バイアグラは、全体の6割は偽物であると発表されています。 10年以上前の出来事ですが、バイアグラの偽ボトルに、インドの安いジェネリックを詰め込んだものが流通していました。 ボトルは本物そっくりに作ってあり、中身は安いけど効果のあるインド製ですので、知らずに購入した人は本物だと信じています。 錠剤は同じ成分のジェネリックですから効果はバッチリありますので疑う余地もありません。 でも、高い金額で買ったものは、本当は偽物だったんです。

今でもバイアグラのニセモノは多く流通しています。 偽物を掴まされないためには、信頼できる輸入代行業者を選ぶ必要があります。 では、どのような輸入代行業者が信頼できるのでしょうか?
それは、日本で営業している個人輸入代行会社を選ぶとこだと思います。 多くの輸入代行会社は営業拠点が海外です。海外で営業している個人輸入代行会社は日本の法律に触れたくない、日本の法律で取り締まられたくないから拠点が海外なのです。
あなたが、海外拠点の代行会社から個人輸入したバイアグラがニセモノだったので警察に被害届を出すとします。 色々聴取された末、相手が海外となると県警は動きません。「個人輸入に頼らずに病院で処方してもらいなさい。今回は高い勉強代だったと思って諦めなさい。」といわれるのがオチです。よって、儲かったのは海外の業者なのです。
一方、日本国内で営業している個人輸入代行会社なら、被害届を出せば警察が動いてくれます。あなたも損をせずに済みます。

ダポキセチンは医師の処方箋が必要な『処方箋医薬品』であり、病院で医師の診察を受けて処方してもらう必要がありますが、個人輸入であれば処方箋が無くても海外から購入することが合法で認められており、個人輸入代行業者を通じて、国内の通信販売と同様な手順で注文することが可能です。
しかし、偽物問題や詐欺サイトなど、インターネット取引には十分な注意が必要ですし、医薬品としての正しい知識がないまま服用することは大変危険です。
個人輸入はすべて個人の責任で輸入して使用することが前提に認められている手段です。 輸入者本人が使用する分を、制限数量(1カ月分)以内であれば個人輸入が認められていますが、この医薬品の副作用などで薬害被害に遭遇したとしても、政府の救済は受けられませんので、十分ご注意ください。

インドのジェネリック

成分がプリリジーと同等とされる薬品として、インドの製薬会社が製造しているものが発売されています。 一般的に医薬品に関する特許には「成分特許」と「製法特許」の2種類ありますが、インドでは「製法特許」だけ認めているため、成分が全く同じ化合物であっても、製法さえ異なれば合法的に医薬品を製造販売することが可能なのです。 そのため、インドでは多くのプリリジー同等品が生産され、正規のプリリジーよりも安価で販売されています。
インドのジェネリックは成分は同じでも製法が異なるため、正規の意味でのジェネリックとは異なります。 一部ではコピー薬品と呼ばれたりしますが、コピーという表現は中国の粗悪品というイメージが強いため、一般的にはインドのジェネリックという表現をしています。 インド製ジェネリックの効果はほとんど純正品と同じであるが、価格は概ね10分の1ほどです。 これらも個人代行輸入業者が取り扱っており、個人的に使用する目的で輸入することは合法で許されています。 なお、これらのインド製ジェネリックは後発医薬品(ジェネリック医薬品)にはあたりません。 成分特許を認める国においてはバルデナフィル自体の成分特許が有効であり、コピー薬を日本に輸入・販売することは「特許発明の実施」とみなされ、特許法に反する。日本国内での転売は薬事法による取締りの対象になります。
一方、特許期限が切れた現在では、インド製でも製法を同じにした後発医薬品も生産されているため、インド産ジェネリックという表現自体に問題があることも事実です。
インド等で合法的に製造されている薬とは別に、似せた偽造品も出回っています。これらはジェネリックやコピー薬ではなく、特許権と商標権を侵害した偽物です。ダポキセチン含有量や製造過程での衛生管理・品質管理に問題のあるものも多いおで、偽物(模倣品)には注意が必要です。

インドのジェネリックは、特許法の違いにより成分は同じだが製法が異なるものを指します。 そのため、本来の正規品には無い、ジェリーやチュアブル、舌下錠、フルーツ味付きなど多彩なバリエーションがあります。

後発医薬品

日本国内にて厚生労働省が承認した正規品のプリリジージェネリックが登場するには、プリリジーの有効成分であるダポキセチンの物質特許、及び、勃起不全改善という効果効能に与えられる用途特許期限が満了を迎えなければなりません。 ただし、この2つの特許が満了を迎えてもダポキセチンを有効成分とする薬剤を製造する方法に対する製法特許も出願しているので、あくまで競合製薬メーカーは、製法特許を侵害せずに製造することができ、厚労省より製造販売承認を取得した後、国内正規品のプリリジージェネリックを発売することができるのです。 しかし、日本ではダポキセチンは鬱症状に対してのみ適応が承認されており、早漏症に対しては処方することができません。 今後も、日本でダポキセチンが早漏防止薬として適応される見込みはありません。

ED治療薬のバイアグラは異例の早さで承認された薬です。 これは、日本の法律を決める官僚は高齢者であり、EDで悩んでいたため、夢のようなバイアグラを早く使いたくて、僅か2年で承認したと言われています(通常、新薬の承認には早くて5年、通常で10年、遅いとそれ以上の歳月が必要です)。 一方、前述したとおり、早漏は若い人に多いため、官僚たちは早漏防止薬を必要としていないのです。そのため、あえてダポキセチンを承認する必要もないため、見込みがないのです。

【男性用ナイトライフ】→【ED治療薬】→【バイアグラ系】注文
スーパーカマグラ(100mg+60mg)早漏防止成分入り 1箱(4錠)[RGT便]
3,180円〜
スーパーリーフォース100+60mg(早漏防止成分入り) 1箱(4錠)[RGT便]
3,500円〜
欠品
スーパーピーフォース100mg+60mg(SuperP-Force)早漏防止入り 4錠[RGT便]
2,800円〜
エクストラスーパーピーフォース100mg+100mg(ExtraSuperP-Force)早漏防止入り 4錠[RGT便]
3,000円〜
スーパーフォースジェリー100mg+60mg(早漏防止入りイチゴ味) 1箱(7袋)[RGT便]
3,300円〜
センフォースD(100mg+60mg)早漏防止成分入り 10錠[RGT便]
3,950円〜
スーパーフィルデナ100mg+60mg(早漏防止成分入り) 4錠[RGT便]
2,900円〜
マレグラDXT100mg+30mg(早漏防止入りバイアグラ) 10錠[RGT便]
3,200円〜
マレグラDXTプラス100mg+60mg(早漏防止入りバイアグラ) 10錠[RGT便]
3,250円〜
マレグラFXT100mg+40mg(早漏防止入りバイアグラ) 10錠[RGT便]
3,200円〜
マレグラFXTプラス100mg+60mg(早漏防止入りバイアグラ) 10錠[RGT便]
3,300円〜
スーパービリトラSuperVilitra20mg+60mg(早漏防止成分入り) 10錠[RGT便]
3,600円〜
スーパーゼビトラ20mg+60mg(早漏防止効果入り) 4錠[RGT便]
3,700円〜
タダポックス(Tadapox20mg+60mg)早漏防止成分配合 1シート(10錠)[RGT便]
3,480円〜
スーパータダライズ(20+60mg)早漏防止入り 10錠1シート(10錠)[RGT便]
3,380円〜
スーパービダリスタ(早漏防止効果入り) 1シート(10錠)[RGT便]
3,400円〜
スーパーアヴァナ(100mg+60mg) 1箱(4錠)[RGT便]
3,300円〜
ポゼット(Poxet30mg) 10錠[RGT便]
2,600円〜
ポゼット(Poxet60mg) 10錠[RGT便]
3,200円〜
デュラティア(Duratia30mg) 10錠[RGT便]
3,100円〜
デュラティア(Duratia60mg) 10錠[RGT便]
3,300円〜
デュラティア(Duratia90mg) 10錠[RGT便]
3,600円〜
デュララスト(Duralast30mg) 1箱(4錠)[RGT便]
2,980円〜
ページ先頭へ戻る

インドのジェネリックを購入される場合は、信頼のあるメーカーの商品を選ぶようにしてください。